第3学年外国語科講演会

2021/12/1

平田オリザさんによる講演会

 11月29日に劇作家・演出家であり、「東京ノート」や「幕が上がる」などの作品を手掛けられた平田オリザさんが来校され、ICHIJO HALL 2020で外国語科の生徒に講演をしていただきました。

 前半はワークショップ形式で、お題に沿ったグループを作る活動を行い、またその中で平田オリザさんと対話を行いました。「どうすれば普段話さない人とグループを組めるお題を作れるか」という問いに、生徒も積極的に考え発言していました。

 後半は異文化におけるコミュニケーションに関する講演をしていただきました。飛行機の中での「旅行ですか?」という一言も、文化や文脈によって異なったニュアンスをもつという話をはじめ、今後国際社会で活躍していく生徒にとって学びの多い内容でした。

生徒の感想

・たくさんの国を回って、現地でワークショップを行ってきた平田オリザさんだからこその、「文化の多様性に興味をもつ」という話が心に響きました。
・異文化を体験するには、芸術に触れるという新しい発想を教えてくださったことを嬉しく思っています。

・たくさんのことを経験しておられて、その経験談を聞かせてもらえたのが楽しかったです。平田オリザさんの性格が素敵で、私もそうなりたいなって思いました。
・ワークショップで行ったゲームが凄く楽しかったです。私は教員になるのが一つの目標としてあるので、将来教員になれたらこのゲームを行いたいなと思いました。
・留学したいという漠然とした希望しかもっていなかったのですが、平田オリザさんのおかげで何を考えて留学するべきかが分かりました。
・受験期で勉強に追われ視野が狭くなっていた自分に、今回の講演会は特に響きました。将来の自分の大学生活での学びが楽しみです。

▲TOP