校長あいさつ

2022/4/1

本校は、令和4年4月に、奈良市立唯一の高等学校である一条高等学校に併設する附属中学校として開校いたしました。併設型中高一貫教育を導入した中等教育の環境を整備することにより、体験的、探究的な学びから個性や創造性を伸ばすとともに、豊かな社会性や人間性を身につけ、世界をステージとして活躍できる「ひと」を育んでまいります。
学校の敷地は、平城京一条三坊十一坪から十四坪の四町を一軒の屋敷とした、長屋王級の邸宅跡であることが推定されています。残念ながら木簡の類が検出されていませんので、貴族名の確定には至っていませんが、大極殿の東側至近に邸宅をもった貴族が住いしたことを想い、悠久の歴史を感じることができる学校です。
本校のスクールミッションは、「アクティブ シティズンであり、自由に生きることができる「個人」の育成」です。「アクティブ シティズン」とは、利己心をもたないで、責任感や公共精神をもって社会参加する能力と態度を備えた市民と要約できます。そして「アクティブ シティズン」であるとともに、「自由に生きることができる個人」について、考え、そして、実践することです。そのための手立てとなる目指す生徒像には、「本物に触れ、自分のやりたい事をとことん探究する生徒」、「奈良から世界へ羽ばたく志をもった生徒」、「豊かな体験活動により、人間性を高めた生徒」の3つを掲げています。これらにはICHIJO liberal artsとして、幅広く基礎を学び、自分自身と、また他者との対話をつうじて個性を磨いてほしい、様々な活動に取り組んでほしいという願いが込められています。
パラダイム(時代の規範となる思想や価値観)シフト(定説を覆し、革新的アイディアで時代を変える)という表現があります。これを学校に照らして、規格化(価値:「おなじ」)されたアウトプットを目指すのではなく、個々の伸張(価値:「ちがい」)を並走してアシストする学校でありたいと考えています。そのためにも、基盤となる基礎的な力を整えた上で、様々な取り組みから主体的な学びを獲得できるよう活動してまいります。
日頃から大変お世話になっておりますが、本校生徒を支えていただいている皆様からのさらなるご支援、ご協力をいただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

令和4年4月
錦 秀知

▲TOP