書道部からのお知らせ

書道部 令和3年度活動報告

2022/3/25

  令和3年度書道部の活動報告です。 コロナ禍で活動が制限される中、スケジュールの調整をしながら、個人でできることからコツコツと作品錬成に励みました。部員全員で課題の選定から意見を出し合い、分担して一枚の大きな作品に揮毫する共同作品の作成により、個人では味わえない楽しさや緊張感、達成感も味わえたと思います。 その成果の一部を報告します。


① 7月23日~25日 第36回奈良県高等学校書道展 出展



② 8月17日 第26回全日本高校・大学生書道展 出品
【準優秀】徳永 ほの華(3年)・木村 日和(2年)


③ 9月12日~19日 第48回奈良県ジュニア美術展覧会 出品
【入選】植中 武之(3年)・徳永 ほの華(3年) 木村 日和(2年)・桑津 千弥(2年)・中島 慶子(2年)



④ 9月24日 第65回全国学芸サイエンスコンクール 出品


⑤ 10月1日 一条祭


  • オープニング 書道パフォーマンス
  • 展示作品
  • 写真作品

  • ⑥ 10月23日 第12回大仏書道展 出品
    【入選】中島 慶子(2年)



    ⑦ 11月18日~21日 第36回奈良県高等学校総合文化祭書道部門 出展
    【奨励賞】中島 慶子(2年)



    ⑧ 共同作品


    ⑨ 国際交流オンラインプログラム 2021東アジア文化創造NARAクラス
     部長1名が参加しましたので、その様子を紹介します。


  • 8月28日 スタートプログラム
  •  コロナ禍のためオンラインでの実施でしたが、日本・中国・韓国の学生と共に英語で自己紹介やクイズ大会をして楽しみました。

  • 9月11日 リモート型グループワーク 第1回
  •  各国の学生とグループになり、オンラインでグループ発表の内容などを決めました。
     英語でのやり取りに苦戦しましたが、何とか乗り越えました。

  • 10月23日 3都市書道交流プログラム
  •  リモートで中国の先生に指導してもらいながら、各国の方と共に書道をしました。
     課題はどれも難しかったですが、画面上で見せた作品を先生がほめてくださったので、とてもうれしかったです。
     また、韓国の礼儀や各国の書道についても知ることができました。

  • リモート型グループワーク 第2回
  •  グループ発表までの最後の打ち合わせで、動画作成での役割や曲を決めました。
     選曲は自国とは違う国の曲を選ぶということで、私たちは韓国のグループの『Dynamite』という曲にしました。
     また、私の役割は日本の動画作成と各国が選んだ曲の歌詞を書道で書くことになりました。
     これらを編集すると、音楽に合わせて毛筆で書いた歌詞が表示されることになり、完成するとすごい達成感でした。

  • 11月13日 成果発表会
  •  プログラム最後の日は、奈良市内のBONCHIという場所で行われました。
     各グループでまとめた動画を披露したり、プログラムオリジナル曲をみんなで歌ったり、集合写真を撮ったりして交流しました。
     実際に会えたのは奈良メンバーのみで、他の方々とはリモートでの会合となりました。
     やはり実際に会えたらどれほど素晴らしいかなあと少し残念に思えましたが、オンラインで距離が縮まることに感動しました。
     とても楽しい3か月間でした。

  • その後・・・
  •  一緒にプログラムに参加した海外の方々へ英語で手紙を書きました。
     上手く気持ちが伝わるとうれしかったです。
     また、クリスマスには海外の方々からも手紙が届きました。
     日本語や英語で書かれていて、とても心が温まり、うれしくなりました。


    ▲TOP